分史ミラ TOX2 

分史ミラ(テイルズオブザエクシリア2)

キャラクター概要

CV:沢城みゆき

年齢21歳。身長168cm。
正史世界におけるミラ=マクスウェルと異なる、ルドガー達が分史世界で出会うもう一人のミラ。
二人の区別のために、インターネット上では「分史ミラ」と書かれていることが非常に多い。
分史世界とはいわゆるパラレルワールドで分史ミラとは分史世界の住人であり、容姿は瓜二つではあるが一年前にジュード達と冒険をしたミラとは別人で、歩んできた人生もかなり異なっている。

6歳の時にアルクノアを壊滅させ、精霊としての力を捨てている。また正史世界のミラが持つチャームポイントのアホ毛がない。姉のミュゼと共にニ・アケリアで暮らしていたが、彼女の存在した分史世界が消滅する際、エルの力によって偶発的に正史世界に連れてこられてしまう壮絶な運勢を歩んでいる。
口調や性格は正史のミラとは違い、女性的で人間味のあふれる性格で元・精霊の主だった者として気位が高く、他人と深く関わろうとしない。自分の存在価値について思い悩んだり、包み隠さず皮肉を言うひねくれた面も見られるが、世界構造に関する知識が豊富で勇猛果敢な所は正史のミラと共通している。人間味の溢れた特徴を持っており、人気が高い。
前作でミラに対して特別な意識を抱いていたジュードは、姿がそっくりでも自分の知るミラとは全くの別人と考え、「偽のミラ」ではなく一人の人間として彼女の存在を尊重し区別のため「ミラさん」と呼ぶ。

自分の世界を壊したルドガーたちに最初は反目していたが、仲間たちと段々と心を通わせていく。料理が好きで、「パパのスープが一番」と言うエルに自分が一番だと認めさせてやると張りきる等、負けず嫌いで子供っぽい一面もあり、エルとはなんだかんだで非常に仲が良いのもテイルズオブザエクシリア2の面白い所だと思う。

テイルズオブザエクシリア2の有名シーン

この世界の構造上、「正史世界では分史世界の同一物は存在できない」ということになっており、もし分史世界からもう一人の自分を正史世界に連れて帰れば、すぐに消滅してしまう(分史世界の住人であったエルが存在できたのも、正史世界のエルがまだ生まれてすらいなかったからである)。しかし逆に分史世界に正史世界の同一物が侵入しても、どちらも消えることはない。
分史ミラは、正史のミラがクロノスと戦い時空の狭間に飛ばされている間に正史世界に連れて来られたのが分史ミラでそのために消えることなく存在できていたが、そのせいで今度は分史ミラの存在が栓となって正史ミラが正史世界に脱出できなくなってしまったのでクランスピア社の社長であるルドガーの父「ビズリー・カルシ・バクー」の工作のもと動いていたリドウにより分史ミラは生贄として消されてしまうのである。
自分の存在した世界が無くなった以上、正史ミラを救うには自分が消えるしかないと悟り自暴自棄になるが、仲間やエルに自分の存在を必要とされ淡い希望を持ち始めた矢先、リドウの謀略にはまりミラ=マクスウェル復活のための生贄にされてしまう。好感度の上がる選択をし続けた場合、エルにスープを作る約束をルドガーに託し、助けようとするルドガーの手を自ら離し消滅する。

上記動画はTOX2の有名なシーンであるので是非ご覧いただきたい。
個人的には助かってほしかった。
ネット上ではこの分史ミラ最後のシーンでの口パクで何を言っているかの憶測や予想も飛び交っており
騒然となった時期もあった。口パクではルドガーとエルについての彼女なりのメッセージがあったという書き込みが散見される。

戦闘

戦闘能力は正史ミラとほぼ同等となっているが、こちらは精霊の力を失っているために四大精霊の一部の技を習得できず、秘奥義も使用できない。キャラクター特性と固有サポートスキルバインドもミラ=マクスウェルと同じ。
また正史のミラがパーティに復帰する際には、分史ミラのステータスが引き継がれる。

普通に物語を進める上でスキル「スペシャル」を習得しないために秘奥義は使用できないようになっているが、実は分史ミラ版の没音声データは収録されており、特定の操作をしてバグを起こすと彼女の秘奥義を拝むことができる。カットインはミラ=マクスウェルのままである。

余談/その他

分史ミラは人間性があふれており人気がある。上記のバグを使って分史ミラボイスで秘奥義を出すのも話題となっており
ネット上の噂では分史ミラ生存ルートもあったのではないかと言われているほど。
また、一部サイトでは分史ミラ生存のパラレルワールドの小説を掲載していたりもする。

出演作品
テイルズシリーズ
・テイルズオブザエクシリア2
・テイルズオブリンク

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL